非常用自家発電機の
負荷試験のことなら、
実績信用でリードする
テックビルケアへ。

長年にわたりビルメンテナンス業務を手掛けてきた当社が、
確かな技術とノウハウで非常用自家発電設備の負荷試験を行います。

WEB無料お見積り

本社一括受付センター 0120-35-3034

負荷試験とは?About Work

有事の際に起動するスプリンクラー設備や屋内消火栓ポンプ、排煙機などを動かす力を負荷と呼びます。それらの負荷を擬似的に発生させ、非常時に消防設備が稼働できる実際の発電が出るかを試験するのが目的です。

主な施設場所

  • 学校
  • 病院
  • 老人介護ホーム
  • 百貨店デパート
  • ホテル旅館
  • オフィスビル

負荷試験の必要性

法令では、なぜ30%出力負荷確認の実施義務があるのか?

法令より非常用自家発電設備の管理者には消火活動に必要なスプリンクラー設備や消火栓ポンプを動かす為の最低30%以上の出力確認点検が義務付けられています。

二次災害発生

設備の点検不足による二次災害は施設責任となります!

月次点検等で行なっている無負荷運転(空ふかし)だけを行っていると、エンジン内にカーボンが堆積されます。
その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ非常時に発電機が正常に動かず、消火活動に支障が出る怖れがあります。東日本大震災を契機に消防法改正が行われ、年に1回の負荷試験が義務になりました。

法令による罰則等
法令 対象者 罰則
消防法
※総務省
点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(消防法第44条11号)
30万円以下の罰金又は拘留
上記従業者等の法人(消防法第45条3号) 最高で1億円の罰金及び刑事責任

負荷試験は、非常用発電機が「動作するか否か」ではなく、「非常時に確実に発電ができるか否か」を判定する重要な試験です。

万が一の際に非常用発電機が正常に稼働しなかった場合、人命に関わる重大な二次災害が起きるリスクがあります。
コンプラインス遵守はもとより、「非常時に人命を守る」この責務を果たすことこそが何よりもの最重要事項です。

自家発電設備の負荷試験ならテックビルケアにご相談ください!

WEB無料お見積り

発電設備の不具合と原因

震災時に点検不備による非常用自家発電機のトラブル事例

2011年東日本大震災時に、非常用自家発電機が整備不良等の理由で、正常に稼働できないものがありました。

全体の大多数が整備不良に起因するものという結果が出ています。

点検・整備不良の原因

定期点検での
無負荷(空ふかし)運転
非常用発電機の97%はディーゼル発電機。ディーゼルエンジンは無負荷・低負荷運転の結果、湿ったカーボンが発生し蓄積されます。そのままにしておくと排気管からの出火やエンジンの損傷、破壊などの原因になりかねません。
コストがかかる
模擬負荷試験
実負荷試験より、効果的な模擬負荷試験はコストがかかるため、安全面は分かっていたが行われないケースがあります。

万が一に事態に備えて
非常用発電機の負荷試験を行うことで、いつでも発電機が
動かせる体制を維持することが重要です。

自家発電設備の負荷試験を実施する3つのメリット 非常時に本来の能力を正常に発揮できるように非常用発電機を管理する事が可能です!

テックビルケアの3つの強み

劇的に改善された疑似負荷試験機により安心安全かつコスト抑えた納得のサービスを提供いたします!

  • 01

    一般社団法人日本発電機負荷試験協会の
    正規加盟店

    テックビルケアは一般社団法人日本発電機負荷試験協会の正規加盟店です。最新の法令を熟知し、定期的な技術研修、そして最新の試験装置にて安心・安全なサービスの提供をお約束します。

  • 02

    創業35年!ノウハウと実績豊富な防災設備
    メンテナンスの専門企業

    テックビルケアは創業以来、消防設備・建築設備のメンテナンス業務に携わり、長年によって培われたノウハウや知識・実績がございます。安心してお任せください。

  • 03

    技術員の人材教育の徹底

    知識や技術の人材教育はもちろんですが、真の価値は提供する技術員の人間性にかかっているという方針のもと、「挨拶」「丁寧な応対」「詳細な説明」といった当たり前のことが当たり前にできる技術員の人材育成に力を入れています。

私たちは専門知識をもったプロの精鋭集団です!

  • 01

    迅速対応!
    最短わずか2時間!

    従来、数時間かかっていた準備時間が「約30分」に短縮。トータルで半日から1日かかっていた作業を、約2時間~半日で完了します。軽量コンパクトタイプの疑似負荷試験機で発電機の近くまで搬入出来る為、ケーブルの布設時間も短縮する事を可能にしています。

  • 02

    業界最安値を実現
    従来コストの1/2!

    長年のノウハウにより、徹底的に作業の無駄を排除。自社施工による徹底したコスト管理を行い、従来のわずか3分の1~半分のコストで 大幅に費用削減を実現することができました。

  • 03

    無停電・トラブル防止で
    万全!安心安全!

    停電することなく負荷試験を行うことができ、発電機の状態を確認しながら徐々に負荷をかけていきます。全館停電をする必要もない為、停電が難しい施設でも安心して試験を実施することができるようになりました。

負荷試験業者の比較検討で押さえるべきポイント

  • 日本発電機負荷試験協会などに加盟しているか

    自家発電設備の負荷試験は極めて専門性が高く、様々な知識を要します。協会などに加盟している方が技術は確かです。

  • 本業が全く畑違いの会社ではないか

    自家発電機の負荷試験の需要が昨今急激に高まり、住宅のリフォーム会社や車の整備業者など、いままで自家発電機に触れることがなかった業者が安易に参入してきています。社歴が浅かったり、片手間でやっているようなところはしっかり見る必要があります。

  • 他社に比べて見積金額が極端に安すぎないかどうか

    自家発電設備の負荷試験は専用試験装置と一定レベル以上の技術者が必要です。従って、それなりの原価はどうしてもかかります。万が一のための設備ですので、料金の安さだけで判断することのないようにしましょう。

負荷試験の流れ

物件の詳細等を伺い、お見積りをお出しいたします。まずはWEBフォームからお問い合わせください。

  • お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • 〇営業日以内 自家発電設備の(発電容量・設置場所等)概要をご提供
  • お見積り作成・送付
  • 作業日決定
  • 負荷試験実施 約60分〜半日程度で完了(発電機の規模、設置場所や建物仕様による)
  • 試験結果報告

アフターメンテナンスも対応可能

万が一、発電機に不良があった際も適切な修理やメンテンナスのお見積もり・ご提案をさせていただきます。

よくあるご質問

万が一、発電機に不良があった際も適切な修理やメンテンナスのお見積もり・ご提案をさせていただきます。

無負荷運転との違いはなんですか?
無負荷運転では発電機のエンジンを掛けるだけ(空ふかし)ですが、負荷試験では実際に負荷をかけて発電を行う事で、非常時の運用に近い状態で試験を行い、運転データを取得します。
お見積もりを依頼する際にはどのような情報が必要ですか?
自家発電設備の発電容量(消防設備点検報告書の写しのご提出でも可能です)、自家発電設備の設置場所などの情報をもとにお見積もり可能です。建物の規模や状況により事前に無料の現地調査を実施させていただく場合がございます。
試験は日時指定もできますか?
はい、休日や深夜・早朝・営業時間終了後などを考慮して、日程は可能な限り柔軟に対応させていただきます。いつでも発電機が動かせる体制を維持するために私たちに出来ること。
それが非常用発電機の負荷試験(能力確認試験)です。負荷試験とは、非常用自家発電機を30%以上の負荷を30分以上かけて稼働させる事をいいます。
30%の負荷ではなく、100%の負荷試験をした方が良いと聞きましたが、御社でも100%負荷試験はできますか?
はい、可能です。但しお勧めはしていません。理由は、30%を超えて負荷をかけると自家発電機本体に相当の負担がかかり急激に突発故障のリスクが高まります。30%の負荷運転でもエンジン内の蓄積カーボンは燃焼されクリーン化は可能です。また自家発電設備の設計上、発電容量には余裕をみており、火災や停電の有事となった場合でも長時間継続して30%以上の実負荷がかかり続けることは考えにくいためです。

お気軽にご相談・お申し込みください速やかに無料お見積もりをいたします。

お見積りをご希望の方

WEB無料お見積り

特にお急ぎの場合はお電話にてどうぞ。

本社一括受付センター 0120-35-3034

日本全国対応

このページの先頭へ