RECRUIT SITE

消防事業部
沖田 大輝 (Okita Daiki)
2017年7月

一日一日を大切にすること心がけています!

Job

仕事内容

主に消防設備の点検あるいは工事等を任せていただいております。
あまり認知されていいない設備が多いうえに活躍の機会は多くはないかもしれませんが自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されていることで、いざという時には消火活動や人命救助の助けになる、二方向に避難経路が確保されているという安心を感じていただくことも点検業務を行ううえで重要だと考えます。
その業務の上でどうしても不備が発生した場合にはどのようにすれば最善かも含めてお客様にも納得していただけるお見積りの提案なども行っています。                                    

Tech Story

それぞれの軌跡

  • 繋がり(入社)のキッカケ

    入社のキッカケとなったことは些細なことではありますが私にとってはとても大きなことだと感じます。
    テックビルケアに入社する以前は別の会社に勤めていて当時は転職で悩んでいた時期でした。
    そんな時期に高校時代の友人と話す機会があり「今うちの会社が人募集かけているから面接においでよ」と声をかけてくれ、その会社というのがテックビルケアでした。
    私自身は「高校の同級生なんて普通はだめだよな、、」と思いながら面接に臨み結果的に今テックビルケアに勤めることができており、今でもあの時彼と話していなければどうなっていたのかと考える時があるくらい些細で大きな入社のキッカケでした。

  • テックビルケアの魅力

    こんな風に答えるとありきたりとか決まり文句とかいう風に思われるかもしれませんが、人間関係の良さです。
    仕事をしている時間は1日の中で、さらに長く見ると人生の中でも膨大な時間になります。
    その時間の中で共に過ごす人たちの関係が良好であることはとても大きな魅力といえますしさらに単なる仲良しクラブではなく気を引き締めるところはしっかり引き締める、そういった関係であることもとても良いことです。
    しかし人間関係だけではなくしっかりと利益を追求し、同業他社との競争に打ち勝っていくには等を冷静に分析するといった現実から目を背けない茶橋社長のスタイルもとても魅力に感じます。

  • 繋がりを感じたエピソード

    魅力の部分でも記載しましたが私たちにはチームで助け合う姿勢が根付いていると感じます。
    基本的にはいくつかのチームに分かれて現場を回るのですがある時一つの現場の作業が多くとてもその日では完了できそうもないとなったときに、ほかのチームがすべてその現場に集まり協力してその日に完了させたというエピソードがあります。
    そこで感じたつながりというのは「俺は早く帰りたいから」とかそういったことは言わずに助け合える社員間同士の精神のつながりです。

  • 今後繋げていきたいこと(目標)

    テックビルケアは自分自身も含め中途採用で入社される方が多いため新入社員の年齢が私より上ということはよくあります。
    そんな方たちの目にも立場だけの先輩ではなく、技術的なことはもちろん人間としても見ていただけるような先輩として映るようにすることが自分自身にとっても大事なことだと意識しています。
    その中でつなげていきたいことというか単に自分の理想のようなことでもあるのですが、真似をされるような人間でいたいです。
    それは仕事のやり方ももちろんですが特に言葉遣いや考え方など人間性を見ていただけたらなと考えています。

  • 繋がっていきたい人(一緒に働きたい人)

    私自身若年で未熟ということもあり今現在でもテックビルケアの方々には日々たくさんのことを学ばせていただいております。
    その上でつながっていきたいと思う人はやはりお互いを成長させることのできる人です。
    人それぞれいろんなアイデンティティを持っていて、仕事のことだけではなく「こういう考え方もあるんだな」と互いに思えるような方と働ければ素敵かなと思います。
    もちろんカチカチした関係ではなくオンオフしっかり切り替えて良い関係を築ければなお素晴らしいと思います。

職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ
職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ 職場イメージ

さぁ、未来を繋げ。

Nextconnecture

Entry